Iron Crafts  ☆ B B King

B B King

 アンティークの額縁と鉄板の絵

アンティークウッドと鉄のコーヒーテーブル

アンティーク感たっぷりのフランスのワイン樽の蓋と

高さ設定可能の鉄のフレームでお洒落なコーヒーテーブルを!

 

 

 

 

 

写真追加OPEN HOUSE + GREEN +ART

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OPEN HOUSE +GREEN +ART

 

2014.12.13~14 に開催されたOPEN HOUSE に

MyuもS-Labo.の一員として参加させていただきました。

当日のようすを少し ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒天の中ご来場くださいましたみなさま、

誠にありがとうございました。

 

 

6/27~6/29に向けて製作中!

Imagine  creative  world  in  Iwakuni

6/27(Fri) ~ 6/29(Sun)

に向けて製作中!!

様々な職人が、様々な素材を使い、

とんでもない世界をつくっています(笑)

これからさらにどう変化するのか楽しみです!!!

椅子  ~鉄と革~

今回は コラボプロジェクト !!

山口県光市の レザーワークアトリエ Hearty さんとの合作。

 

椅子です。

 

 

 

鉄の角棒のフレームと革の座面。

 

 

 

 

背もたれは鉄のプレート。

 

 

 

 

革は落ち着いたブルーグレー。
この色、個人的に大好きです。

 

 

 

 

背中はこんなカンジ。

 

 

 

 

 

コンセプトはシンプルなフォルム、鉄と革の自然な仕上がり。

もちろん座り心地も考えます。

革の座面は柔軟性がありお尻に負担をかけずさわり心地もイイです。

鉄のフレームはスプリングバック現象(受けた力方向とは反対に戻ろうとする力)を利用する事により、座った姿勢に応じて背もたれと座面の位置が動きます。

 

コイツは子供(2.3歳)サイズのサンプル品ですが、

これから普通サイズを製作します。

そのお披露目はここで↓

 

 

Imagine creative world in Iwakuni

6/27~6/29

山口県岩国市のシンフォニア岩国にて開催

「牧平 博」金属造形作品を出展。

 

そして特別企画として、空間をクリエイトする者が集まり
会場中央ブースを演出します。

「牧平 裕」空間クリエイト(鉄部門)の一員として参加。

 

 

今後Heartyさんとどういう関わり方が出来るか、
とても楽しみです!

Hearty Leather Work atelier

http://heartyleather.blog.fc2.com/

 

 

アイアンフレーム×オーク材の棚板 シェルフ

 

こんにちは、Myuです。

福岡市中央区のセレクトショップ、シーグラントさんに
アイアンフレームの什器を納品しました。

本日(4/8) open のハイセンスなアパレルショップさんです。

 

 

粗く仕上がったコンクリート壁とシェルフ

壁際の左から5段シェルフ、
中右と同じ仕様のハンガー&天板付きシェルフ2台。

 

 

粗仕上げのコンクリ壁にスマートなラインのアイアンフレームが良く合いました。

 

 

ハンガー部分はフレームと同サイズで統一したのでシンプルなラインを崩しません。

 

 

アイアンフレームとオークの棚、コンクリスラブとの雰囲気がgood

 

 

これから経年と共にどんな風合いが出てくるのか...

すごく楽しみです。

オーナーさんの思いを形にした、とても楽しい仕事となりました!!

鍛冶屋の仕事

急に寒くなりましたね。yoccoです。
今日はうちの鍛冶屋仕事を間近で見て勉強しました。

コンクリートなどをはつる時に使う
「ハツリのみ」の修理を定期的に依頼されています。

画像右側は修理前のモノ(先が丸くなっている)

真っ赤に熱して叩きます。

あっという間に冷めてしまうので時間勝負です。
これで出来あがり・・・ではありません。

再びあつあつに熱し、焼き入れをします。
最後に液体に入れ、完成です。

温度、叩く力、ノミを持つ角度、スピードの絶妙なバランスで
ノミが再びよみがえりました。
これぞ鍛冶屋の仕事です。

*緑の壁* 生き生きと呼吸する壁を

今回は【 緑の壁 】のご紹介です。

昨年の10月初め、1面に覆われた植物で壁を..とのご依頼。
SABO.岩田さんのいつもの無茶ぶり(汗
単純に緑色の壁でいいのなら話は早いのですが、
植物を育てながら、維持しながらとなるとかなりの難題。
自分にとっても文字通り たかーい壁...
耐水性を考え躯体となる鉄骨はステンレス。
当然水も必要で配管位置、水量、潅水システムも考える。
今回は土を使うので土留めの為に構造を工夫。
あっという間に構想数週間(長くなるので割愛)。
ようやく鉄骨の製作に取り掛かるも時間が全く足りないが
あの手この手で取付前夜になんとか製作完了。

そして超突貫工事もなんとか無事に終わったのですが、
完工の画像も撮らずに雪の中をそそくさと帰宅...
あれから5カ月、ようやく写真に納まりました。

* * * * * * * * * * * * * * *
・施工時期  平成24年12月
・現場  広島市の総合住宅展示場アスタ内 エルクホームさん
・仕様  鉄骨(ステンレス)総重量2t、潅水システム etc

 

建屋の南面、西面に施工予定。
ベタ基礎完成後、製作の合間を縫って墨出しと現場確認。

鉄骨や植栽で総重量は約6tですが頑丈な基礎なので安心。

残念ながらディティールを詳しくお見せ出来ないのですが、
以下が施工後約5ヶ月後の様子です

道路の 形状に合わせ45度の面を入れ、そこにゲートを。

建屋内からも見えるよう、内外両面を緑化してます。

時期的にもちょうど伸び盛りで若芽がぐんぐんと育ってます。

散水にはミストも使ってますので夏場は涼しい風に当たる事も出来ます。

かわいいセダム。

 

こうして植物に囲まれた住空間もいいですね。
家にも人間にも優しい生きた壁。
またツクリタイ。

 

アイアンフレーム×木板 のドア

いつもお世話になっている広島の設計事務所、
Life with styleさん ご依頼の
アイアンフレームのドアを施工しました

こちらのお宅は新築中の2年半前にも
2F渡り廊下のワイヤー手摺の施工でおじゃましてます
(アーカイブでご覧いただけます)

今回はサンルームの東、西面に1か所ずつ
アイアンフレームのドアをご希望とのこと...

西面のドアには採光仕様にとポリカ板を用いてます

オリーブと白花マンサクの向こうにドア
雰囲気いいですねぇ!

こちらは東面のドア

部屋内から見るとこんな感じ

ドアハンドル、ラッチ、ドアストッパーetc、
なるべく細くて角いモノを用いて
かるーくハードな印象に仕上げました

ドア周りの金物はホームセンターで簡単に入手できますが、
微妙なニュアンスの雰囲気にマッチするものがなく、
ついつい自分が作る方向に話を持っていってしまいます

ですがこういった小さな事も見逃さずに
喜んで頂けるお客様に出会う事が数多くある為、
フルプロダクトのスタイルが自分に出来あがったのかと...

いつも楽しいモノづくりをさせて頂いて嬉しい限りです