フランスで見つけたもの vol.3

今回のフランス旅行、アンティーク市で見つけたお気に入りはこの広告キーホルダー達。
誰かが長年に渡って集めていたのでしょう、缶にいっぱいありました。本当にいろいろな種類があり、持ち帰ってひとつひとつ仔細に眺めてみるのはとても楽しい作業でした。
このキーホルダー、パリにある有名なアンティーク市、クリニャンクールに専門のshopがあります。小さなお店ですが、壁一面にびっしりと、広告のテーマ別やキャラクターのモチーフ別(食べ物広告系、ガソリンスタンド系、また動物モチーフでネコ、犬など)にキーホルダーがディスプレイされていて、かなり見事なコレクションです。膨大なコレクションを見ているだけでも楽しいので、タイトなスケジュールのなか立ち寄ってもつい1時間くらいここで過ごしてしまいます。

もうひとつのお気に入りはビンテージのスレート。木製の枠に動物の模様が刻印されていて、可愛いのです。このお品はビーズや模様など装飾がありますが、学校で使われていたようなシンプルな古いスレートも可愛いですよね。
今回の旅行、フランスの学校の新学期スタートの時期に重なっていたのですが、スーパーでこのシンプルなタイプのスレートを買い求めるお母さん達を見かけました。スーパーで手に入る新品は木枠がちゃちくって古いものとは作りが歴然と違うので雰囲気には欠けますが、なによりいまだにスレートが現役使用されているのに驚き。フランスでは新学期に用意する文房具のなかにいまだにスレートが健在なのですね。考えてみたら使い捨てないエコなアイテム、こういうものが変わらずに使われ続けるフランス人の習慣には学ぶところがありそうです。

茜雲

昨日のことでした
西の空をふと見上げるとなんとも形容のしようのない光景         
家族全員が思わず「きれい!!」のひと言                 
自然のおりなす美しさに感動し、無心でシャッターを押してしまいました

ヒトの手によって創られたものに感動することに慣れた私は
あらためて自然の雄大さに心を奪われました

こんなに身近でも感じることの出来る素晴らしさを
もう一度探してみなければという思いにもなりました

これから秋も深まっていきます
日ごろの忙しさから自身を解放してあげて、
自然を感じてみてはいかがでしょうか?

 

フランスで見つけたもの vol.2

フランスで見つけたもの、今回はアンティークではないのですが。。オリーブオイルを昔ながらの製法で作っている工場の直売所へ行きました。写真にある巨大な臼状のものはオリーブをすりつぶすのに昔使われていたものらしいです。ここで購入したオリーブオイルは絶品。タンスに入れておくと防虫によい。と書いてある素朴なパッケージのマルセイユ石鹸。とてもよい香りのオーガニック石鹸も見つけました。soapはお土産にもよいので、いつもたくさん購入してしまいます。
そしてこちらはスーパーマーケットで見つけたお気に入り。外国へ行くとスーパー巡りはアンティークマーケットに負けず劣らずの楽しさなのです。特に田舎はでっかいスーパーがたくさんあるのでとっても嬉しい。ちょっとお間抜けな顔がかわいくって毎回買って来てしまうマダムセル。卓上塩です。ちなみにムッシュー胡椒もいます。そしてマダムセルの下にあるキッチンリネンのようなもの、実はベビー用のスタイです。ワッフル素材のキッチンリネンぽい布の1辺にゴムが輪になって縫い付けてあるだけ。シンプルだけど簡単でよいアイディアですよね。大判なので使い勝手もなかなか。このアイディアを頂いて、お気に入りのリネンを使って手作りしてみるのもよさそうですね。

小さなシャンデリア

気が付けば10月。秋ですね。
この秋の夜長を楽しむためにちょっと耳寄りなお話。 
と申しましても大したことではありませんから、軽く受け流してください。                

Myuのオリジナルアイテムですけど、これが可愛いんです。
アンティークのシャンデリアから取り外したガラスのパーツを自作のアイアンのフレームに取付け、ミニのシャンデリアとして使用しています。

その明かりの下で、JAZZなどを聞きながらコーヒーを飲む。(ちょっとキザでしょうか?)
そうなんです。「それができたらな~!!」と思っている私です。

昼間は太陽光線による、赤、青、緑などの光のプリズムが楽しく、
夜は白熱電球の優しい光の中に神秘を感じます。

人の目は明かりには敏感で、暗い所にこのような発光体があるだけで、ホッとするものです。近い将来、いや数年後にエコの問題から白熱電球がなくなるかも知れません。(メーカーによっては生産を中止しています)

それに変わるのがLEDなどでしょうが、この雰囲気が出せるでしょうか?
白熱電球が大好きな私にとっては、大問題なのです。

皆さんはどう思われます?

フランスで見つけたもの vol.1


今回の南フランスの旅、写真は道中で立ち寄った、とある街の教会。
とても暑くてまぶしい陽気のなかを歩き、一歩教会に入ると薄暗くひんやり涼しいのでほっと一息。
日差しの強い気候故、ステンドガラスが本当に美しく映えていました。
ステンドガラス、曇り空の多いイギリスのそれとは違い、鮮やかな色使いが多いように見受けられました。

週末に行ったアンティークマーケットで見つけたアンティークのロザリオ。ルルドのマリア様デザインが美しいtinも一緒に見つけました。

こちらのロザリオはLITTLE LULUにて近くご紹介する予定です。

小さな鉄の花器

 

 今回は鉄の小作品です                  
以前、知り合いのギャラリー様から製作依頼があったものをアレンジしています

デスクやテーブルなどの上に置いて、季節の野花を一輪

高さは17~18cmですが、存在感はあると思います

 

 

二つ並べてみました
このようにペアにしても可愛いと思いますが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ちょっと変わったカタチですが、花入れ部分は同様です

カーテンレールとカーテン

ecru**home の ++.plusさんのお話(少しだけ)。
ecru**home の ++.plus(プラス)さんとはここ2.3年のお付き合いですが、
物作りに対する熱意、感覚が似ていたのか、出合ったその日にすぐに意気投合してしまいました。
たまに開催される、打ち合わせと称する紅白ボケ合戦では
収拾がつかずにいつも予定時間をオーバーしては反省 ...反省...
いつもホントに、ごめんなさい!
でもその時間の中で今後の活動のヒントがどんどん出てくるのが不思議です。

++.plusさんが作られたオリジナルカーテンとアイアンの相性は抜群!
どんな空間、場面でも暖かさや優しさを、季節や時間によって様々な表情を演出します。

 オリジナルカーテン製作の他にもカーテンレールや表札などのアイアン素材のデザイン、製作も手掛けておられます。
詳細について、 ++.plusさんのブログはこちら →  ecru**home